2013年07月26日

2013年9月、吉川美南駅東口近くに「霊園」が完成予定です。


昨日(2013年7月25日)の記事に一部、間違いがありましたどんっ(衝撃)
申し訳ありませんバッド(下向き矢印)


吉川市から、詳細な内容を確認したところ中央の「ピンク」色の箇所は、
昨日の掲載したこの地図は南北(東西)で「2つの事業者」に分かれているそうです。

吉川美南駅 謎の土地 地図



以下、吉川市から入手した詳細情報です。

(1)吉川美南駅側
・建 築 主  万福寺(吉川市内の宗教法人)
・用 途  霊園(墓地、管理事務所)
・敷地面積  約7,500u
・完成年月日 2013年9月(予定)
※墓地、埋葬等に関する条例に基づく許可及び、建築基準法に基づく建築確認を取得済みです。

(2)新三郷駅側
・建 築 主  関東塩業株式会社
・用 途  作業所・倉庫(自社用)
・敷地面積  約10,000u
・延床面積  約3,400u
・建物高さ  18m
※現在、事業者と、吉川市など関係官庁との間で、協議を行っています。




こちらが霊園予定地です。

吉川美南 霊園 万福寺



「霊園建設」のウワサはちらほら聞こえていたのですが、事実だったのですね。

373でした曇り


関連記事
次項有「吉川美南駅東口近く、面積10,000uの「謎の土地」は2013年10月1日建築物が着工予定です!」



posted by 373(ミナミ) at 18:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 土地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月25日

吉川美南駅東口近く、面積10,000uの「謎の土地」は2013年10月1日建築物が着工予定です!


2013/07/29追記:追加情報が下記リンクにもありますので合わせてご覧ください。
次項有「2013年9月、吉川美南駅東口近くに「霊園」が完成予定です。」



吉川美南駅東口から道路を南下して吉川市と三郷市の「市境」まで行くと…


看板がありますが何の建設予定地かワカリマセン。「謎の土地」です。

吉川美南駅 謎の土地


この広大な土地で工事が始まりました。

吉川美南駅 謎の土地


写真手前は水路です。コンクリートで覆われました。

吉川美南駅 謎の土地


最近、ついに謎を解く「新たな看板」が立ちましたexclamation

吉川美南駅 謎の土地


以下、概要ですよ目

建築主:関東塩業株式会社

建物用途:作業場・倉庫

建築物階数:1階
建築物高さ:18m

敷地面積:約9996u
建物面積:約3385u
延べ面積:約3360u

着工予定日:2013年10月1日



ということで「作業場・倉庫」のようです。


地図であらわすとピンクの場所です。

吉川美南駅 謎の土地 地図


建設予定の「三郷流山線」に面していますひらめき
開通を見越しての建設なのでしょうね。

次項有「埼玉県と東京電力は三郷流山線の完成に向けて東京電力鉄塔移設の協議を行なっています!」

謎が解けてスッキリ373でした晴れ
posted by 373(ミナミ) at 21:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | 土地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月02日

本日、埼玉県作成の吉川美南地区「都市計画の変更構想」が公表されました!


2013年7月2日、埼玉県が作成した「越谷都市計画都市計画区域の都市計画変更構想」が公表されました。
名前がややこしいですねたらーっ(汗)

ちなみに…
「越谷都市計画都市計画区域」とは越谷市、吉川市、松伏町の区域です。
「都市計画の変更構想」とは5年前、2008年7月に決定した都市計画からの「変更原案」という事です。


現在の「都市計画」はこちら
次項有「埼玉県 都市計画区域の整備、開発及び保全の方針の策定状況」

今後の「都市計画構想」はこちら
次項有「埼玉県 都市計画手続きの進捗状況」

↑結構ボリュームありますよexclamation
ざっと読んでみて、大きく変更された箇所は見つからなかったですたらーっ(汗)
(詳しい方、教えてください!)

唯一、すぐ変わったとわかったのは、
埼玉県の「将来都市像」「まちづくりの目標」が冒頭に記載されたところですねるんるん


埼玉県の将来都市像

「みどり輝く 生きがい創造都市」
〜暮らし続けるふるさと埼玉〜

(1)暮らしやすく、ふるさととして愛着のもてる都市(まち)
(2)誰もがいきいきと働いている元気な都市(まち)
(3)地域の営みが未来につながる都市(まち)



埼玉県のまちづくりの目標

まちづくりの目標1:歩いて暮らせるまちの実現
まちづくりの目標2:地域の個性ある発展
まちづくりの目標3:都市と自然・田園との共生



何となく漠然としているような…
「埼玉県」を「千葉県」や「吉川市」にしても違和感ないと思ったのはナイショです。



続いて「越谷市、吉川市、松伏町の都市づくりの基本理念」です。
今回、以下の様に変更されましたよexclamation

2008年(変更前):
「水と緑を生かした活力と魅力ある都市」

↓↓↓

2013年(変更後):
「都市開発ポテンシャルを活かして県の顔となるおしゃれでにぎわいのあるまちへと都市機能の集積を進める。」



「県の顔」ですよぴかぴか(新しい)
ちょっとハードル高いような…


そして「美南地区」ですよぴかぴか(新しい)
美南地区は「5年前」と「現在」では大きく様変わりしましたよねexclamation

吉川美南 都市計画


美南地区の「市街地像」が変更されていますよ晴れ

2008年(変更前):
吉川駅南地区:土地区画整理事業によって都市基盤を整備するとともに、調節池などの水面を取り囲むうるおいのある良好で快適な住宅地の形成を図る。
武蔵野操車場跡地:土地区画整理事業を推進し、水と緑のうるおいを備えた周辺環境と共生・調和し、日常生活を支える商業・業務や住民サービスなどの都市機能を備えた良好な住宅地の形成を図る。


↓↓↓

2013年(変更後):
吉川美南駅周辺:生活拠点として、娯楽・文化・教育など多様な機能を合わせ持つ複合的な拠点を形成する。



サクっと「吉川美南駅周辺」でまとめられました(笑)
吉川美南駅東口側も含んでいるのでしょうかね。
「娯楽・文化・教育」ですってぴかぴか(新しい)

今後が楽しみです!

373でした晴れ


posted by 373(ミナミ) at 20:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 土地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。